「転職してどうするの?」周りの人は鼻で笑った。しかし、転職活動2か月で年収UP を実現!新たな人生を謳歌している。おすすめ転職サイトの年代別18選はこちら➡記事をのぞいてみる

【知らないと損】教員を退職後の働き方!フリーランス元教員の体験談

【PR】この記事には広告を含む場合があります
【知らないと損】教員を退職後の働き方!フリーランス元教員の体験談

広告(PR)※本ページはプロモーションが含まれています

教員退職後はどんな働き方がある?
新しい働き方で気をつけることを教えて!
自分に合った仕事をする方法を知りたい

そんな方に向けて、元教員の僕が教員退職後における働き方について詳しく解説します。

退職後の不安や悩みは尽きませんが、教職経験を生かした様々な働き方があることを知っていますか?

本記事では様々な働き方の特徴や体験談、必要なスキルや知識、ポイントなどを解説しました。

教員退職後の働き方について悩んでいる方は必見です!

この記事を書いた人

2023年3月に30代で教員を退職

  • 小学校1種免許、司書教諭免許取得
  • 小学校教員15年→退職
  • 転職サービスの利用経験あり
  • 在職中に副業準備をする
  • 株式投資運用歴17年目
    つみたてNISA+個別株投資
  • FP3級技能士
はじめまして
チョクです
目次

教員退職後の働き方のメリットとデメリット

教員退職後の働き方のメリットとデメリット

教員退職後の働き方のメリットとデメリットを整理します。

メリットデメリット
自分のペースで働ける
新しいことに挑戦できる
ストレスが少ない
安定した収入が得られない
働き方が自分で決めなければならない
社会的地位が下がる
教員退職後の働き方のメリットとデメリット

メリットとデメリットを、さらに具体的に解説していきましょう。

メリット①自分のペースで働ける

教員退職後は、自分のペースで働くことができます。

教員のように、決められた忙しいスケジュールに追われることはありません。

自分の時間を有意義に使うことができるでしょう。

ボッチ

体調不良などの理由で仕事を休む場合も、自分で調整できるね。

チョク

僕は、好きな時に好きな場所で仕事をすることができるようになりました。

メリット②新しいことに挑戦できる

教員を辞めることで、新しいことに挑戦することができます。

自分の得意なことや好きなことを活かした仕事を、見つけることができるでしょう。

ボッチ

教員の経験を活かして、異なる分野の仕事にチャレンジするのもいいね。

チョク

新しいことに挑戦するのは、不安もあるけどワクワクしますよ。

メリット③ストレスが少ない

教員として働いていると、分掌の仕事や保護者対応、教職員とのコミュニケーションなど、ストレスを感じることは多いです。

しかし、退職後は自分のペースで仕事を進めることができるため、ストレスが少なくなります。

ボッチ

教員はストレスの多い仕事だよね。

チョク

僕は退職して、毎日熟睡できるようになりました。

デメリット①安定した収入が得られない

教員を退職すると、安定した収入が得られないというデメリットがあります。

公立学校教員は公務員なので、不祥事でも起こさない限り辞めさせられることはありません。

教員の安定した地位と収入に比べ、他の職種では不安定で収入が一時的に低くなることが多いです。

ボッチ

自営業やフリーランスをするなら、収支のバランスを考える必要があるね。

チョク

教員退職後は、生活費を見直す必要があるかもしれません。

デメリット②働き方を自分で決めなければならない

教員を退職するということは、今後の働き方を自分で決めなければいけません。

自分で計画を立てたり、仕事を探したりする必要があります。

自分で決めなければならないことが多く、ストレスを感じることもあるかもしれません。

ボッチ

与えられた仕事をこなす方が楽だからね。

チョク

僕は自分で決めることに、わくわくしています。

デメリット③社会的地位が下がる

教員は一定の社会的地位を持っている職業の一つです。

しかし、退職後は一時的に社会的地位が下がるかもしれません。

ボッチ

学校の先生は聖職と言われているよね。

チョク

僕はフリーランスになって、簡単にクレジットカードが作れなくなりました。

以上のように、教員退職後の働き方にはメリットとデメリットがあります。

自分に合った働き方を見つけるためには、自分の目標やライフスタイルを考えて決めることが大切です。

教員退職後におすすめの働き方

教員退職後におすすめの働き方

教員退職後に、教員の経験や知識を活かしたおすすめの働き方を紹介します。

フリーランス

フリーランスは、自分の専門分野や得意なことを活かして、自分自身でクライアントを見つけて仕事をする方法です。

教員としての知識やスキルを生かして、独立して働くことができるでしょう。

自分で営業活動を行う必要があるため、収入が不安定になる場合があります。

塾講師

塾講師は生徒に授業を行うため、教員としての知識や経験を活かすことができるでしょう。

塾が提供する授業内容や時間割に従って仕事をするため、安定した収入を得ることができます。

学習塾の経営

教員としての知識や経験を生かしながら、学習塾を経営することも選択肢の1つです。

ただし、ビジネス面や人材育成など、多岐にわたる知識が必要になります。

教員として再就職

教育現場で働きたい場合は、教員として再就職する道もあります。

教員の経験を生かして、新たな環境で働くことができます。

次の章では、それぞれの働き方のメリットやデメリット、必要なスキルや資格、働くためのコツについて解説します。

フリーランスの働き方

フリーランスの働き方

教員退職後におすすめの働き方の一つに、フリーランスとして働く方法があります。

フリーランスとは、自分でビジネスを立ち上げ、クライアントから仕事を受注して働くスタイルです。

教員退職後にフリーランスとして働く場合、自分自身がクライアントを探し、仕事の受注から納品まで全て自分で行うことが多いでしょう。

フリーランスのメリットやデメリット、必要なスキルや資格、働くためのコツについて解説していきます。

フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスのメリットとデメリットを整理します。

メリットデメリット
自分の好きな仕事に取り組むことができる
自分で仕事のスケジュールを調整できる
自分で報酬を設定できる
自由な時間を確保できる
安定した収入が得られない
クライアントとの交渉や契約などの手続きを自分で行わなければならない
経費や税金の計算・支払いが必要である
自己負担で保険料等を支払う必要がある
フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスは、自分の裁量で仕事に取り組むため自由度が高く、やりがいや報酬も大きい場合がある一方、収入が不安定などのリスクもあります。

自己管理やスケジュール管理、財務管理などをしっかり行い、自己責任で仕事を行わなければいけません。

フリーランスになるために必要なスキルや資格

フリーランスになるために必要なスキルや資格は、仕事によって異なります。

例えば、Webライターではライティングスキルが必要です。

基本的には専門知識やスキルを持っている方が有利になります。

ビジネスの基礎知識や営業力、マーケティング力なども身につけるといいでしょう。

フリーランスで働くためのコツ

フリーランスで働くためのコツ

  1. 自分の得意分野や強みを見つける
  2. コミュニケーション能力や交渉力を身につける
  3. 時間管理能力や自己管理能力を高める

まずは、自分の得意分野や強みを見つけることが大切です。

自分が得意とする分野に特化し、それに関するスキルや知識を深めることで、より高い報酬を得られる可能性が高くなります。

フリーランスは仕事の受注や納品、報酬の交渉などの業務は全て自分で行う必要があるため、コミュニケーション能力や交渉力を身につけることも大切です。

さらに、仕事の進め方やスケジュール管理も自分で行う必要があるため、時間管理能力や自己管理能力を高める必要があります。

自分の仕事スタイルを見つけ、効率的に仕事を進めることが重要です。

ボッチ

フリーランスは自分自身が会社だから、仕事に対する責任も自分自身が負うことになるね。

チョク

仕事に対するプロ意識や責任感を持ち、常に高いクオリティを提供できるようにするという、仕事に対する姿勢も大切でしょう。

クラウドワークスは自宅や外出先など、場所を問わずに仕事をすることができ、フリーランスには最適なプラットフォームです。

教員退職後の副業としても最適

塾講師の働き方

塾講師の働き方

塾講師は週に数回、夕方や夜に教室で授業を行うことが多いです。

授業以外にも、生徒の宿題やテストの採点、保護者との面談などがあります。

また塾の規模や体制によっては、教室運営やマネジメント業務を担当することもあるそうです。

塾講師のメリットやデメリット、必要なスキルや資格、働くためのコツについて解説していきます。

塾講師のメリットとデメリット

塾講師のメリットとデメリットを整理します。

メリットデメリット
教員の経験を活かせる
個別指導ができる
小さな成果を実感できる
副業や兼業など柔軟な働き方ができる
繁忙期のストレス
準備や添削の時間が必要
時間的な制約がある
塾講師のメリットとデメリット

塾講師は、教員の経験を活かして生徒一人ひとりに合った指導ができ、副業や兼業などの働き方が可能であり、自由度の高い働き方ができます。

一方、夕方や夜間に授業を行うことが多いため時間的な制約があったり、生徒たちにわかりやすく授業を進めるために事前準備が必要です。

塾講師は生徒たちの成長を支援することができるため、教育に携わりたい人にとっては、やりがいのある仕事です。

塾講師になるために必要なスキルや資格

塾講師になるために必要なスキルや資格は、特にありません。

教員の経験がある場合は、知識や経験が生かせるため、優遇されることがあるようです。

教科によっては、その分野の知識や経験が必要になることもあります。

塾講師で働くためのコツ

塾講師で働くためのコツ

  1. 生徒一人ひとりに合わせた指導を心がける
  2. 生徒たちとコミュニケーションを取る
  3. 時間管理をしっかり行い、無理のない働き方をする

学校現場と同じように、生徒たちはそれぞれ学力や性格、環境などが異なるため、一人ひとりに合わせた指導を行うことが大切です。

得意な分野を伸ばす指導や、苦手な分野を補強する指導など、生徒の強みや課題に合わせた対応が必要になる場合もあります。

また、生徒とのコミュニケーションを通じて、信頼関係を築くことも重要です。

生徒が自分の意見や悩みを素直に話せるような信頼関係を築くことで、指導効果はより高まります。

ボッチ

塾講師は、講師業務以外にも教材準備や事務作業などの業務もあるため、時間管理をしっかり行う必要があるよ。

チョク

時間に余裕を持って業務をこなすことで、無理なく働くことができます。

学習塾を経営する働き方

学習塾を経営する働き方

学習塾の塾長として経営を行う場合は、スタッフの採用や教育、カリキュラムの設計などを行います。

経営戦略の立案やマーケティング、広報などの業務も行う必要があるでしょう。

財務・経理、施設管理など、経営に関する幅広い業務に関する知識も必要です。

学習塾を経営するメリットやデメリット、必要なスキルや資格、働くためのコツについて解説していきます。

学習塾を経営するメリットとデメリット

学習塾を経営するメリットとデメリットを整理します。

メリットデメリット
教育者としての思想や方針を持ち、自己実現できる
社会貢献ができる
安定した収益が見込める
成長性がある
初期投資や広告費用が必要になる
スタッフの確保が難しい
競合他社との差別化が必要である
学習塾の経営のメリットとデメリット

学習塾を経営することで、自分の教育理念や指導方法を実践することができ自己実現ができます。

また教育に対する需要は高く、子どもたちの将来を育むことにより、社会に将来的に貢献する人材を育成することが可能です。

一方、学習塾を開業するには教室の賃貸や教材の調達、広告宣伝など多くの費用がかかるでしょう。

教員不足の現状からスタッフの確保が難しかったり、競合が多いため競合他社との差別化や顧客獲得に苦労したりする場合があります。

学習塾の経営に必要なスキルや知識

学習塾経営には、経営戦略や財務管理、人材管理、マーケティング、教育理論や指導法などの知識が必要です。

これらのスキルや知識を身につけるためには、経営学や教育学などの専門的な分野の勉強が必要になります。

学習塾の経営で成功するためのコツ

学習塾の経営で成功するためのコツ

  1. 地域のニーズに合った教育サービスを提供する
  2. サービスの向上に力を入れる
  3. 事業の安定的な成長を目指す

学習塾経営で成功するためには、地域のニーズに合った教育サービスを提供することが重要です。

ボッチ

教師の採用や教育プログラムの充実、顧客サービスの向上などにも力を入れる必要があるよ。

チョク

経営戦略や財務管理にも目を向け、事業の安定的な成長を目指すことが求められるでしょう。

教員として再就職する

教員として再就職する

教員として再就職するには、再び教員採用試験を受験したり、常勤講師や非常勤講師として就業したりする方法があります。

教員として再就職するメリットとデメリット

メリットデメリット
教員としての経験を生かせる
安定した収入を得ることができる
働き方がわかっている
経験を買ってくれる職場が限定的
再就職先の人間関係に適応できない
賃金水準が低い
教員として再就職するメリットとデメリット

教員として再就職する場合、教員としての経験を生かして再度教育現場で働くことができ、安定した収入を得ることができます。

また教育現場の働き方や業務内容に詳しいため、職場への適応が早いでしょう。

一方、再就職には教員としての経験を買ってくれる職場が限られていることや、以前よりも賃金水準が低くなります。

再就職先での人間関係がうまくいかず、ストレスを感じることがあるかもしれません。

教員として再就職するために必要なスキルや資格

教員として再就職するためには、教員免許が必要な場合が多いです。

学校の授業に使われる情報機器を、適切に扱えることが求められる場合もあります。

また、教育現場での人間関係構築能力、教材作成能力などが求められることもあるでしょう。

再就職先の職場に合わせて、必要なスキルを身につけることが大切です。

新しい働き方を始める際に気をつけること

新しい働き方を始める際に気をつけること

教員退職後に新しい働き方を始める際には、注意点を知っておくことや事前準備が必要です。

教員退職後に気をつけることについて解説していきます。

働く前に自分がやりたいことを見極める

教員退職後に新しい働き方をする場合、自分が本当にやりたいことや、得意なことを見極めることが大切です。

自分が好きなことや熱中できることを見つけることで、働くことが楽しくなり人生をより豊かなものにできます。

働き方に合わせた生活スタイルを見つける

新しい働き方を始める前に、自分に合った生活スタイルを見つけることも重要です。

フリーランスや塾講師などの場合は、今より時間の自由度が高くなるため、自分でスケジュールを調整する必要があります。

また、学習塾の経営をする場合は、事業の運営や生徒の指導に時間を割く必要があるでしょう。

仕事とプライベートのバランスを取りながら、自分に合った働き方を見つけることで充実した生活を送ることができます。

働く上でのストレスや負担に対処する方法を見つける

新しい働き方には、慣れないことや新しいことに挑戦することが必要になります。

ストレスや不安を感じることがあるかもしれません。

そのため、自分なりのストレス発散方法やリフレッシュ方法を見つけておくことが大切です。

例えば、趣味を楽しむ、運動をする、十分な睡眠をとるなど、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて、ストレスを発散しましょう。

新しい職場で働く前に準備しておくべきことを知る

退職後、新しい職場で働く前にいくつか準備が必要です。

新しい職場で働く前に準備しておくべきこと

  1. 自分がやりたいことを明確にする
  2. 求人情報を収集し、応募する
  3. 資格取得やスキルアップのための勉強を始める

まずは、自分がやりたいことを明確にし、どのような職種・業界に興味があるかを調べることが大切です。

その上で、求人情報を収集し、自分が応募できるかどうかを確認しましょう。

応募に必要な書類(職務経歴書や履歴書など)の作成や、面接でのアピールポイントの整理なども必要になります。

また、新しい職場で必要とされる資格取得やスキルアップのための勉強を始めることで、スムーズな再就職ができるでしょう。

ボッチ

転職エージェントで、色々な働き方を知っておくことも大切だね。

チョク

転職エージェントの登録は無料なので、登録してみましょう。

教員におすすめの転職サービス /

各年代に特化したサービスも解説

>>こちらの記事で教員におすすめの転職エージェントと転職サイトを厳選して紹介しています。

教員退職後に働く人の体験談

教員退職後に働く人の体験談

教員退職後に働く人の体験談を紹介していきます。

フリーランスとして働いている人の体験談

元小学校教員であったAさんは、フリーランスとして働くことで、自分のスキルや得意分野を活かすことで収入を得ることができることが魅力と感じています。

最大の魅力は、自分で仕事を選べることです。自分の得意分野や興味がある分野に特化することができるので、やりがいを感じながら仕事をすることができます。

フリーランスとして働くことで、自分の時間を自由に使うことができるし、自分のペースで働くことができるため、ストレスを感じずに仕事に取り組むことができているそうです。

塾講師として働いている人の体験談

元小学校教員であったBさんは、塾講師として働くことで、子どもたちと直接関わりながら教育に貢献できることが魅力と感じています。

授業を通して、生徒たちの成績が上がったり、自信がついたりする様子を見ることができるのがやりがいです。

教員時代にはできなかった、生徒たちの個別のニーズに応えることができるという点も、塾講師として働く魅力の一つであると感じているそうです。

学習塾を経営している人の体験談

元高校教員であったCさんは、学習塾を経営することで、自分の教育に関する理念や考え方を実現できることが魅力と感じています。

自分が子どもたちに教えたいことを、自由自在に実践できることができるため、教員時代よりもやりがいを感じます。

学習塾経営には多くの人材や財務管理のスキルが必要とされますが、それらを身につけることができるという点も、学習塾を経営する魅力の一つだと感じているそうです。

僕は給料以外につみたてNISAで副収入を得ていた

公務員は副業禁止ですが、つみたてNISAは副業に該当しません

つみたてNISAは資産運用なので、副業と判断されることはないからです。

iDeCoのように勤務先への報告も必要ないですし、確定申告もいりません

僕はつみたてNISAとインデックス投資に、教員の給料を回していました。

ボッチ

2024年からは新NISAが始まるね!

チョク

新NISAを利用すれば、教員も早めのFIREが狙えます。

つみたてNISAや新NISAについての詳細は、別サイトの新NISAの教室で解説しています。

\ 知識0の初心者も大丈夫 /

転職に向けて準備をしておく

転職を本気で考えているなら、今行動するのが大事

教員から転職を考えている場合、できるだけ早く転職に向けて準備しておかないと取り返しがつきにくいです。

教員におすすめの転職サービス /

各年代に特化したサービスも解説

転職は自己分析から始まる

自己分析をして、自分のことを知るのが大切

転職成功のためには、まず自分自身を深く理解し、自分の強み弱み興味価値観を明確にすることが重要です。

自己分析することにより、自分にとって最適な職種や業界企業を見つけやすくなります。

自分の強みが分からない場合、ミイダスの診断ツールがおすすめです。

\自分の強み弱みなど自己分析できる/

自己分析ツール以外にも、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることで、自分の強みや適性を見極めることが可能です。

転職エージェントは、豊富な求人情報からあなたに合った求人を紹介してくれます。

転職エージェント・転職サイトに登録する

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが面接日程や条件交渉など全て代行してくれるので、転職活動する時間があまりない人におすすめです。

転職サイトは、時間をかけてゆっくり転職したい人や、他人との関わりにストレスを感じる人におすすめします。

転職エージェントと転職サイトの利用者の割合
引用|マイナビ 転職活動をする際に登録したサービスは?

上の画像は、1年以内に転職経験のある20~39歳の200人に、マイナビが調査した結果です。

転職エージェントと転職サイト、どちらも登録した」が29%で一番多いことが分かります。

転職エージェントと転職サイトを両方利用することで、自分に合った仕事を効率的に見つけることができるでしょう。

教員におすすめの転職サービス /

各年代に特化したサービスも解説

>>こちらの記事で教員におすすめの転職エージェントと転職サイトを厳選して紹介しています。

転職エージェント・転職サイトが無料の理由

無料だからリスク0

転職サービスは、求人情報の掲載や検索機能、履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など、さまざまなサポートが全て無料です。

転職エージェント・転職サイトが無料の理由は、転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社した時点で、「企業から報酬を受け取っているから」です。

リクルートエージェント >>転職エージェントの仕組み・無料の理由より
ボッチ

登録も利用も全て無料だよ。

チョク

無料でさまざまなサポートが受けられます。

副業準備を始めておく

教員は収入源が1つしかありません。

副業準備をしないと損です

人生100年時代、そもそも教員の収入だけでは安心できない時代です。

僕は在職中に再雇用の先生3人に話を聞くと、

  • 退職金と年金だけではやっていけない
  • 税金としていろいろ引かれる
  • 細々と暮らさないといけない

と話してくれました。

退職金と年金だけでは、定年まで働いても安心して生活を送れなくなるでしょう。

だから、定年退職後も再雇用として働いている人が多いですよね。

できるだけ早くから、副業準備として他の収入源を手に入れるために動き始めましょう。

退職前から準備して、お金の不安を減らそう

ボッチ

お金で悩まない人生にしたいよね。

チョク

早めに副業準備をしておきましょう。

最後に:自分に合った働き方を見つけて、新たな可能性を広げよう

本記事では、教員退職後における働き方について詳しく解説しました。

最後に、内容を整理します。

教員退職後の働き方のメリットとデメリット

メリットデメリット
自分のペースで働ける
新しいことに挑戦できる
ストレスが少ない
安定した収入が得られない
働き方が自分で決めなければならないこと
社会的地位が下がる
教員退職後の働き方のメリットとデメリット

教員退職後におすすめの働き方

  • フリーランス
  • 塾講師
  • 学習塾の経営
  • 教員として再就職
  • 転職エージェントを利用して転職する

教員退職後に気をつけること

  • 働く前に自分がやりたいことを見極める
  • 働き方に合わせた生活スタイルを見つける
  • 働く上でのストレスや負担に対処する方法を見つける
  • 新しい職場で働く前に準備しておくべきことを知る

教員を退職した後、新たな働き方を模索する人が増えています。

教員退職後に働くことは、新しい人生をスタートするチャンスです。

自分のやりたいことやライフスタイルに合わせた働き方を選択し、積極的に新しい挑戦をしていきましょう。

ボッチ

今日が人生で1番若い日だね。

チョク

教員を退職した僕は、自分がやりたいことを見極めておくことが1番重要だと感じています。

目次