「転職してどうするの?」周りの人は鼻で笑った。しかし、転職活動2か月で年収UP を実現!新たな人生を謳歌している。おすすめ転職サイトの年代別18選はこちら➡記事をのぞいてみる

【元教員の体験談有】公務員は退職代行を利用してもOK|おすすめ3社

【PR】この記事には広告を含む場合があります
公務員(教員)は退職代行の利用OK【おすすめ業者・流れも解説】

広告(PR)※本ページはプロモーションが含まれています

公務員(教員)から退職を考えている方に向けて、退職代行サービスについて徹底解説しました。

退職のことを考えると、不安憂鬱な気持ちになり悩むことがありますよね。

あなたが「職場に行くのが辛い」状況にある場合、退職代行サービスは心強い味方です。

会社や学校が、あなたの人生の責任を取ってくれることはありません。

公務員(教員)の退職を考えているあなたが、前向きに退職して新たな人生が幸せになるように、本記事が少しでも参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

2023年3月に30代で教員を退職

  • 小学校1種免許、司書教諭免許取得
  • 小学校教員15年→退職
  • 転職サービスの利用経験あり
  • 在職中に副業準備をする
  • 株式投資運用歴17年目
    つみたてNISA+個別株投資
  • FP3級技能士
はじめまして
チョクです

早く退職代行の流れを知りたい方は>こちらをクリック

目次

退職代行サービスとは何か?

退職代行サービスとは何か?

退職代行サービスとは

退職したいけど、職場にいく気持ちになれない

退職代行サービスとは、退職をしたいが自分で伝えにくい場合、職場に退職の意志を代わりに伝えてくれるサービスです。

退職代行サービスは、このような悩みや不安がある方におすすめです。

  1. 職場の人間関係の問題やパワハラなどで退職したい
  2. 自分から辞めることを言い出しにくい雰囲気や環境
  3. 周りから引きとめられたり説得されたりしそうで不安

自分が職場へ行って退職の意思を直接伝えると、引きとめや嫌がらせを受ける可能性がある場合、退職代行サービスを利用することで、円満に退職することができます。

公務員(教員)は退職代行サービスを使える?

公務員(教員)が代行サービスで退職しても問題ありません

雇用者は労働者の退職を拒否することはできない。

日本労働組合総連合会 >>労働相談Q&A民法627条 参照
厚生労働省 >>労働基準法 参照

公務員は、自分の意志で退職することが可能です。

退職代行サービスは、あなたの退職の手続きを代行するものであり、法的に全く問題ありません。

ただし、公務員にも対応してくれる退職代行サービスを利用する必要があります。

このページの後半で、公務員に対応してくれる退職代行サービスを紹介しています。

ボッチ

公務員も退職代行の利用はOKだよ。

チョク

職場に行かずに退職できます。

ほぼ100%退職できる

料金は最安値の水準

退職代行のメリットとデメリット

メリットとデメリットをよく知るのが大切
メリットデメリット
同僚と顔を合わせず退職できる
どんな場合も100%退職できる
退職後もトラブルの心配がない
費用がかかる
悪徳業者がいる
元同僚との関係が悪くなる
退職代行のメリットとデメリット

退職代行のメリットとデメリットを解説します。

メリット①同僚と顔を合わせず退職できる

退職代行サービスを利用すれば、同僚と顔を合わせず退職できます。

職場の人間関係の問題パワハラなどで悩んでいる場合、会いたくないですよね。

退職は自分で話を切り出しにくいですし、退職の意志を直接伝えるのはかなりのストレスです。

第三者が間に入ってくれると、心理的な負担を大きく減らせるでしょう。

ボッチ

職場と直接やりとりしなくていいよ。

チョク

自分の代わりに退職の意向を伝えてくれます。

メリット②どんな場合も100%退職できる

退職代行サービスを利用すると、100%退職することができます。

民法627条にある法律で決められているからです。

日本労働組合総連合会 >>労働相談Q&A民法627条 参照

ただ元同僚の教員は、退職の意志を伝えたときに学校長から引きとめられて、今も教員を続けています。

僕も、退職の意志を伝えたときは学校長から引きとめられました。

退職代行サービスは、引きとめや嫌がらせを受けないように、退職に向けて進めてくれるので安心です。

ボッチ

自分が言うと引きとめられるかも。

チョク

本来、誰でも自由に退職できます。

メリット③退職後もトラブルの心配がない

退職代行サービスは、あなたが退職後にトラブルが起きないように、退職手続きをしてくれます。

辞めた後に職場から連絡がきたり、訴えられたりすることはありません。

退職手続きが完了するまで、LINEやメールで相談できるのも安心です。

ボッチ

トラブルの心配がなくていいね。

チョク

退職時のトラブルは、退職代行サービスが対応してくれます。

デメリット①費用がかかる

退職代行サービスによって金額はちがいますが、だいたい2~5万円程度は料金がかかります。

しかし、学校に行って自分で交渉しなくていいので、精神的ストレスから解放されるでしょう。

お金を払って、嫌な職場から退職できると考えると安いかもしれません。

ボッチ

有給休暇もとれるからね。

チョク

退職の時間と手間が減ります。

デメリット②悪徳業者がいる

退職代行サービスは、退職成功率がほぼ100%の安心できるサービスです。

しかし、退職代行サービスの利用料金を高く設定したり、退職手続きを代行しなかったり、悪質な退職代行サービスも存在します。

何も考えずに依頼した所が、悪質な代行業者である可能性はゼロではありません。

ボッチ

詐欺に近い業者があるんだね。

チョク

実績のある退職代行サービスを選べば、心配ありません。

デメリット③元同僚との関係が悪くなる

退職代行サービスを利用した場合、退職後は元同僚との関係が悪くなる可能性が高いでしょう。

退職前にあいさつもせず、いきなり仕事を辞めることになるからです。

退職後も公務員に復帰したい人や、人間関係を断ちたくない人は、退職代行サービスの利用を見直したほういいでしょう。

ボッチ

退職後、会う必要ないけどね。

チョク

嫌な人との縁は捨てればいいです。

公務員(教員)向けの退職代行サービス3社を紹介

教員向けの退職代行サービスを紹介

退職代行サービスを選ぶ時のポイント

退職代行サービスは、弁護士労働組合一般業者が運営する3社のタイプがあります。

公務員は、労働組合か弁護士が運営する退職代行サービスを利用しましょう。

スクロールできます
種類退職申請有給交渉損賠賠償対応価格相場
弁護士55,000円~
労働組合×24,000円~
一般業者××20,000円~
一般業者、労働組合、弁護士が運営する3社を比較

公務員(教員)が1番安心して利用できる退職代行サービスは、弁護士が運営する退職代行サービスです。

労働組合が運営する退職代行サービスのなかにも、公務員の退職代行の実績があるサービスもあります。

労働に関する交渉は、労働組合か弁護士が運営する退職代行サービスしかできません。
弁護士は労働者の代理人として、労働組合は労働組合法により交渉ができます。

厚生労働省 >>労働組合法より

料金が低めに抑えたいなら、公務員(教員)の退職代行の実績がある労働組合が運営する退職代行サービスがおすすめです。

退職に関して様々なトラブルがある場合、弁護士が運営する退職代行に相談するのがいいでしょう。

公務員向けの退職代行サービス3社を紹介します。

公務員(教員)向けの退職代行サービス3社を比較

スクロールできます
退職代行サービス料金運営 特徴
退職代行SARABA
退職代行SARABA
24,000円労働組合運営・公務員(教員)の退職代行の実績あり
相談回数無制限で電話・メール・LINEでの相談が可能
全額返金保証
あり
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび
55,000円弁護士運営・現役の弁護士が退職代行に対応
回収額の20%の成果報酬で、未払い残業代なども交渉
返金保証なし
退職代行オイトマ
退職代行オイトマ
24,000円 労働組合運営業界最安値の水準
相談回数無制限で電話・メール・LINEでの相談が可能
・全額返金保証
あり
公務員(教員)向けの退職代行サービス3社

おすすめ1位:退職代行SARABA

退職代行SARABA
スクロールできます
サービス名退職代行SARABA
運営労働組合運営
料金24,000円
追加料金なし
返金保証全額返金保証あり
支払い方法銀行振込
クレジットカード
転職サポートサポートあり
対応時間24時間
退職代行SARABA

退職代行SARABAのおすすめポイント

  1. 公務員(教員)の退職代行の実績あり
  2. 労働組合運営で安心
  3. 全額返金保証あり

退職代行SARABAは、労働組合の退職代行さらばユニオンが運営する退職代行です。

公務員の退職代行の実績があることと、「親切で迅速に対応してくれる」と利用者からの評判も高いので、安心して勧められます。

万が一、退職できなかった場合、全額返金保証があるので、支払ったお金のことで悩む必要がありません。

公務員が利用する退職代行サービスとして、1番おすすめです。

公務員の退職代行の実績あり

相談は何回でも無料

おすすめ2位:弁護士法人みやび

弁護士法人みやび
スクロールできます
サービス名弁護士法人みやび
運営弁護士運営
料金55,000円
追加料金未払残業代など回収額の20%
返金保証なし
支払い方法銀行振込
転職サポートなし
対応時間10:00~21:00
弁護士法人みやび

弁護士法人みやびのおすすめポイント

  1. 現役の弁護士が退職代行に対応
  2. 弁護士運営
  3. トラブル問題解決のプロ

弁護士法人みやびは、弁護士が退職代行してくれるので安心感があります。

ただし担当者が弁護士資格を保有しているため、料金は55,000円と少し高めです。

24時間いつでもLINEやメールで無料相談できます。

損害賠償請求など法的な対応もお任せできるのは、心強いですね。

弁護士系の退職代行サービスを利用する場合は、弁護士法人みやびに相談しましょう。

現役の弁護士が退職代行に対応

LINEやメールで無料相談できる

おすすめ3位:退職代行オイトマ

退職代行オイトマ
スクロールできます
サービス名退職代行オイトマ
運営労働組合運営
料金24,000円
追加料金なし
返金保証全額返金保証あり
支払い方法クレジットカード
転職サポートサポートあり
対応時間24時間
退職代行オイトマ

退職代行オイトマのおすすめポイント

  1. 業界最安値の水準
  2. 労働組合運営
  3. 全額返金保証あり

退職代行オイトマは業界最安値の水準なので、できるだけ費用をかけたくない人におすすめです。

退職代行SARABAも同じ料金なので、どちらも業界最安値の水準といえます。

退職届テンプレート無料配布のサービスがありますが、公務員(教員)にはあまり役に立たないかもしれません。

業界最安値の水準

相談は何回でも無料

退職代行サービスを使う流れ

退職代行サービスを使う手順

退職代行サービスを使う流れを解説します。

1:メールやLINEで申し込み無料相談

メールLINEでまずは無料相談しましょう。

対応時間は、24時間の退職代行が多いので、いつでも気軽に相談することが可能です。

いまの状況で本当に退職できるのか悩んでいる場合も、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

2:支払いをして必要な情報を伝える

退職代行サービスを利用すると決めたら、利用料金の支払いをします。

支払いの手続きが終われば、退職代行をするときに必要な情報を聞かれるので答えましょう。

整理しておいた方がいい情報

  • 職種や雇用形態
  • 退職理由
  • 退職希望日
  • 職場への連絡希望日
  • 有給の残り日数

3:退職代行が終わるまで待つ

学校への連絡は、退職代行サービスが代わりに行ってくれますので、何もすることはありません

退職関連の書類や、借りていたものを返送について指示に従って進めましょう。

学校へ郵送するもの

  • 退職届
  • 健康保険証
  • 引き継ぎ用の書類

職場と直接連絡を取ることもなく、返送が終われば完了です。

教員向けの退職代行サービス3社を紹介

公務員の退職代行の実績あり

相談は何回でも無料

現役の弁護士が退職代行に対応

LINEやメールで無料相談できる

業界最安値の水準

相談は何回でも無料

退職代行サービスは利用した方がいい?

自分に必要なのかよく考える

サービスを利用した方がいい人

  1. 職場に行って直接手続きしたくない
  2. できるだけ早く辞めたい
  3. 職場の人間関係の問題などがある

退職代行サービスを利用すれば、職場で直接やりとりをする必要はありません。

退職したいけど、職場で同僚からの嫌がらせパワハラが怖い人や、管理職と直接やりとりしたくない人にはおすすめです。

自分が退職の意志を伝えても、「今辞めてもらっては困る」「もう少し時間をかけて考えよう」など引きとめられる可能性もあります。

職場に行かずできるだけ早く公務員(教員)を辞めたい場合は、退職代行サービスを利用しましょう。

ほぼ100%退職できる

料金は最安値の水準

サービスを利用しない方がいい人

  1. 同僚との人間関係を大切にしたい
  2. 職場でしっかり話し合って退職したい
  3. 退職後も公務員に復帰したい

退職代行サービスを使うと、退職後に同僚と良い関係を続けるのは難しくなります。

同僚にあいさつをせず、突然辞めることになるからです。

職場で話し合って、同僚から応援してもらう形で退職したい場合は、利用しないほうがいいでしょう。

退職後に公務員(教員)に復帰したい人は、年度末に退職するのが無難です。

これからも連絡を取りたい人がいるなら、その人だけ退職後にあいさつしてもいいかもしれません。

退職代行サービスを利用した人の感想

退職代行サービスを利用した人の感想

退職代行サービスで、退職した人の感想を紹介します。

退職代行SARABAを利用したケース

職場のストレス、過重な業務で精神的に疲弊した僕は、自分から退職の意思を伝えることが難しかったです。

そんな時、ネットで検索してたまたま見つけた退職代行SARABAに依頼することを決めました。

直接会って話をしなくてよかったし、退職手続きに必要なことを任せることができたので良かったです。

元小学校男性教員
弁護士法人みやびを利用したケース

私は、教育の現場で働くことが夢でした。しかし、職場の人間関係のストレスによって、健康に問題が出始めてしまいました。

自分で退職の意志を伝えることも難しかったです。

そんな時、ネット上で弁護士法人みやびを見つけました。

法律の専門家のサポートがあることに安心感をもち、無料相談を行った後、サービスの利用を決めました。

弁護士法人みやびに、私の事情を詳しく聞いてもらい、学校への退職の意志を代わりに伝えてもらったんです。

退職に関する手続きを全て代行してもらって、心の負担も軽減されて、健康状態も今は改善しました。

元中学校女性教員

退職手続きのストレスを軽減してくれるのが、退職代行サービスということがわかります。

※退職代行サービスを利用した元教員の方に、クラウドワークスで書いてもらった感想です。

公立教員の退職で注意するべきこと

公立教員の退職で注意するべきこと

退職する際、任命権者の許可が必要

公立教員の退職は、学校長⇒任命権者(教育委員会)の順で許可を得て、退職という流れになります。

学校も教育委員会も、あなたの退職を拒否することはできないので、退職することは100%可能です。

ただし、学校と任命権者との間でやりとりが必要なのですぐに退職できるわけではありません

また以下のように、規定の退職書類を提出する必要があります。

退職の手続きは書類を書くだけ

教員の退職は、書類を書いて提出すれば完了です。

上の写真左のように、退職代行サービスを利用しても退職金を受け取る口座を書いて、退職金がもらえるので安心してください。

見本や様式にそって書くだけで簡単なので、20分あれば書けます。

ボッチ

かなりあっさりしてるよ。

チョク

書類2枚書く程度です。

学校に行かない期間は有給休暇で休む

退職代行サービスで退職手続きが終わるまで、早くても2~3週間1か月はかかるとみておきましょう。

その間、学校に行かない期間は有給休暇を使うことになります。

教員は1年で20日の有給休暇があります。

その年に取れきれなかった日数は翌年に繰り越されて、繰り越し分を合わせると40日が上限です。

初任の方は、1年目なので20日の有給休暇しかありません。

文部科学省 >>公立学校の教育公務員の勤務時間等について 参照

有給休暇が何日残っているかは、出勤簿に載っているので確認しておくといいです。

分からない場合は、事務職員さんに聞きましょう。

有給休暇が足りない場合は、欠勤扱いになります。

引き継ぎの書類を作っておく

引き継ぎする必要のあることは、書類を作っておいた方がいいでしょう。

引き継ぎの書類の例

  • テストや成績関係
  • 校務分掌で文書データに残していないこと
  • 児童生徒のことで伝えておくべきこと

引継ぎの書類は、最低限作っておいた方がトラブルは減ります。

下記は、僕が作った引き継ぎ書のサンプルです。

辞令を受け取る

公務員は任命権者(教育委員会)から辞令を受けています。

本来は、退職日に辞令交付式で教育長から辞令を直接受け取らなければいけません。

ただし、やむを得ない事情があれば欠席することが可能です。

僕が退職するとき、辞令交付式を欠席してもいいか学校長に確認すると
欠席しても大丈夫
と言われました。
欠席した場合、「郵送で送られてくるよ」ということです。

辞令は郵送で受け取れるので安心してください。

教員を退職したときに受け取る辞令

教員が退職したときの辞令は、上の写真のようなものです。

辞令が送られてきたら、晴れて教員を退職したことになります。

>>コチラの記事で、僕が教員を辞めてよかったことを解説しています。

転職に向けて準備をしておく

転職を本気で考えているなら、今行動するのが大事

教員から転職を考えている場合、できるだけ早く転職に向けて準備しておかないと取り返しがつきにくいです。

教員におすすめの転職サービス /

各年代に特化したサービスも解説

転職は自己分析から始まる

自己分析をして、自分のことを知るのが大切

転職成功のためには、まず自分自身を深く理解し、自分の強み弱み興味価値観を明確にすることが重要です。

自己分析することにより、自分にとって最適な職種や業界企業を見つけやすくなります。

自分の強みが分からない場合、ミイダスの診断ツールがおすすめです。

\自分の強み弱みなど自己分析できる/

自己分析ツール以外にも、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることで、自分の強みや適性を見極めることが可能です。

転職エージェントは、豊富な求人情報からあなたに合った求人を紹介してくれます。

転職エージェント・転職サイトに登録する

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが面接日程や条件交渉など全て代行してくれるので、転職活動する時間があまりない人におすすめです。

転職サイトは、時間をかけてゆっくり転職したい人や、他人との関わりにストレスを感じる人におすすめします。

転職エージェントと転職サイトの利用者の割合
引用|マイナビ 転職活動をする際に登録したサービスは?

上の画像は、1年以内に転職経験のある20~39歳の200人に、マイナビが調査した結果です。

転職エージェントと転職サイト、どちらも登録した」が29%で一番多いことが分かります。

転職エージェントと転職サイトを両方利用することで、自分に合った仕事を効率的に見つけることができるでしょう。

教員におすすめの転職サービス /

各年代に特化したサービスも解説

>>こちらの記事で教員におすすめの転職エージェントと転職サイトを厳選して紹介しています。

転職エージェント・転職サイトが無料の理由

無料だからリスク0

転職サービスは、求人情報の掲載や検索機能、履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など、さまざまなサポートが全て無料です。

転職エージェント・転職サイトが無料の理由は、転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社した時点で、「企業から報酬を受け取っているから」です。

リクルートエージェント >>転職エージェントの仕組み・無料の理由より
ボッチ

登録も利用も全て無料だよ。

チョク

無料でさまざまなサポートが受けられます。

疑問解消:Q&A

疑問解消:Q&A

本当に退職できるの?

ほぼ100%退職できます。

万が一、退職できなかった場合は全額返金保証がある退職代行サービスがおすすめです。

職場から連絡はくるの?

退職代行サービスが、本人に連絡しないように伝えてくれるので、連絡がくることはありません

親にバレないように退職できる?

親へ連絡しないように伝えてくれますが、稀に親に連絡がいくケースもあります。

有給休暇は消化できる?

有給休暇の消化はできます

職場に行かない期間は有給休暇を使うことになるので、何日残っているか確認しておきましょう。

退職代行サービスで辞める場合も、退職関係の書類は必要?

退職関係の書類は、自分で書かないといけないものがあります。

自分で退職関係の書類を書いて郵送しなければいけません。

一部弁護士の退職代行サービスなら代理で提出してくれるところもあるようなので、確認してみてください。

保険証などの返却物はどうしたらいいの?

自分で、職場宛てに郵送で返却する必要があります。

公務員(教員)に採用されたばかりでも利用できる?

今の職場に採用されたばかりでも、退職代行サービスを利用できます。

職業の選択や退職は自由にできるので、問題ありません

退職金はもらえますか?

退職代行サービスを利用しても、退職金をもらえるので安心してください。

退職の書類のなかに、退職金を受け取る口座も入っています。

職場に行かずに退職したいなら、退職代行サービスを利用しよう!

公務員も退職代行サービスで悩まず辞めよう

本記事では、退職代行サービスについて徹底解説しました。

最後に、内容を整理します。

まとめ

  • 退職代行サービスは、会社や学校に退職の意思を代わりに伝えてくれるサービス。
  • 公務員(教員)が退職代行を利用しても問題ない

退職代行サービスのメリットとデメリット

メリットデメリット
同僚と顔を合わせず退職できる
どんな場合も100%退職できる
退職後もトラブルの心配がない
費用がかかる
悪徳業者がいる
元同僚との関係が悪くなる
退職代行サービスのメリットとデメリット

⇊サービスを利用した方がいい

  1. 職場に行って直接手続きしたくない
  2. できるだけ早く辞めたい
  3. 職場の人間関係の問題などがある

⇊サービスを利用しない方がいい

  1. 同僚との人間関係を大切にしたい
  2. 職場でしっかり話し合って退職したい
  3. 退職後も教員に復帰したい

公務員(教員)向けの退職代行サービス3社

退職代行サービスを使う手順

教員の退職で注意するべきこと

もう職場に行きたくない
管理職に言い出せないし、説得されそう
迷惑がかかるし嫌がらせを受けそう

公務員(教員)で退職代行を考えているあなたへ。

あなたが「職場に行くのが辛い」状況にある場合、退職代行サービスは心強い味方です。

会社や学校が、あなたの人生の責任を取ってくれることはありません。

不安を抱えて辛い思いをしたり、言いたくても言えなかったりして悩まなくていいんです。

職場に行かずに退職代行サービスを使って、新しい一歩を踏み出しましょう!

ボッチ

自分の心の声を1番大切にしてね。

チョク

あなたの人生を応援しています。

教員向けの退職代行サービス3社を紹介

公務員の退職代行の実績あり

相談は何回でも無料

現役の弁護士が退職代行に対応

LINEやメールで無料相談できる

業界最安値の水準

相談は何回でも無料

目次